読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みなさんの地域の難読地名教えてください

みなさんの地域の難読地名教えてください

これは読むの難しいだろうというもの

※以下にないもの

 

島根県→出雲郷=あだかえ

岡山県→美袋=みなぎ

鳥取県→国英=くにふさ


東中国の難読地名です。

広島県三次市吉舎町

ひろしまけん みよしし きさちょう

1.東京都西多摩郡檜原村

人里

2.東京都八王子市

廿里町

この二つは読めなくても仕方が無いが・・・

3.東京都狛江市 いぬえ では無い
4.東京都稲城市 いなしろ では無い
5.東京都福生市 ふくせい では無い
6.5.の派生で、神奈川県川崎市の 柿生 と 麻生

この五つが東京の多摩地区出身でないと難しいと言うことを、実際に体験

7.長野県諏訪市大和 やまと だいわ では無い

錦糸町

これ読めますか?

青木です。
おおぎです。

 

東京都世田谷区には

上野毛 かみのげ
等々力 とどろき
九品仏 くほんぶつ

少し離れるのですが
東京都江東区には

東雲 しののめ

箱崎大左右触…はこざきたいそうふれ
女連…うなつら

横須賀市に「不入斗」があります。
「いりやまず」と読みます。…読めない。

京都府向日市にある、『鶏冠井(かいで)』、京都府京都市西京区にある、『樫原(かたぎはら)』です

杭全

食満

立売堀

若王寺

京都府
向日市=むこうし
物集女=もずめ
一口=いもあらい
巨椋=おぐら
間人=たいざ

名古屋市
・吉根(きっこ)=守山区
・(上、中、下)志段味(しだみ)=守山区
・土古(どんこ)=港区。
・那古野(なごの)=西区。
・供米田(くまいでん)=中川区
尾頭橋(おとうばし)=中川区
・二女子(ににょし)=中川区
・五女子(ごにょうし)=中川区
・宝生(ほうしょう)=南区。
八事山(やごとやま)=天白区。
・勢子坊(せこぼう)=名東区
・猫洞通(ねこがほらとおり)=千種区
・鹿子殿(かのこでん)=千種区
御器所通(ごきそどおり)=昭和区
・東片端(ひがしかたは)=東区。
・主税(ちから)=東区。
・如意(にょい)=北区。
・楠味鋺(くすのきあじま)=北区。

神奈川県
・温水(ぬるみず)=厚木市
・寸沢嵐(すあらし)=相模原市緑区
・砂子(いさご)=川崎市川崎区。
・栢山(かやま)=小田原市
国府津(こうづ)=小田原市
・獺郷(おそごう)=藤沢市

滋賀県には 膳所「ぜぜ」駅、と
浮気「フケ」 と言う地名があります。

府中…ではなく「こう」と読みます。
JR徳島線の駅です。
ちなみに、近くに麻植塚駅(おえづか)と
西麻植駅(にしおえ)があります。

蕎原
貝塚市にあり、公式には「そばはら」と決して難読ではないが、地元では「そぶら」と読む。
ちなみに「そぶら」で変換可能。
水間鉄道水間観音駅からバス利用。終点の集落。

道陸山
水間観音から蕎原へ行く途中にある。「どうろくさん」と読む。

清児
水間鉄道の駅名にもなっている。「せちご」。
幻の紀泉鉄道の分岐駅となる予定だった。


石才
水間鉄道の駅名になっており、公式には「いしざい」と決して難読ではないが、地元では「いっさい」と読む。
「いっさい」では変換不可能。


土生
阪和線東岸和田駅近辺。「はぶ」。
恐らく語源的には同じ読み方をする「埴生」と同じで、焼き物やその原料の土が取れる土地という意味なのでしょうか。

山直
阪和線久米田駅からバスで20分くらい行った地域。「やまだい」と読みます。
地元の史家が「山直」の読みについて、幻の邪馬台国に関連があるのではないか、とか邪馬台国は実は山直にあったのではないか、とか言っていたりもしますが…。
「やまだい」で変換は可能でした。

 

追伸
難読地名、というのも、基準が実に曖昧なように思えます。
例えば先述した岸和田市の山直地区に「包近」(かねちか)という地名がありますが、「包」を「かね」と読む地名は決して少なくないですので(名古屋市中川区にある「包里」(かのさと)もそうですし、「国包」(くにかね)となると複数あります。)これも難読なのかな、という疑問が生じます。
また、他の方の挙げておられる例を挙げるのも恐縮ですが、「日前宮」などは教育漢字の音読みそのものですし…。
(音読みするのを思いつかない、というのは確かにありましょうが…)

かつて住んだ事のある水戸市に木葉下(あぼっけ)町という町名があります。

アイヌ語が語源とも言われていますが詳細は不明。市の中心からは離れた農村地域です。

和歌山県
伊太祁曽(いだきそ)
南部(みなべ)
吉礼(きれ)
朝来(あっそ)
周参見(すさみ)
日前宮(にちぜんぐう)
神前(こうざき)
布施屋(ほしや)
納定(のうじょう)
森小手穂(もりおてぼ)
千旦(せんだ)
鷹匠町(たかじょうまち)
小雑賀(こざいか)
嘉家作(かけづくり)
卜半町(ぼくはんちょう)
雑賀崎(さいかざき)
四箇郷(しかご)
学文路(かむろ)
六十谷(むそた)
竃山(かまやま)
芳養(はや)
見老津(みろづ)
上富田(かみとんだ)
印南(いなみ)
中辺路(なかへち)

地名、駅名を織り交ぜています。


駅名ではありませんが…

砂沢(いさござわ)町
変換で出て来るから難読ではないのかも…

因みに茨城県です。

閑谷(しずたに)
日生(ひなせ)
寒河(そうご)
伊部(いんべ)
香登(かがと)
垪和(はが)
打穴(うたな)
草生(くそう)
紙工(しとり)
真星(まなほし)
飽浦(あくら)
唐船(とうせん)
塩生(しおなす)
美袋(みなぎ)
刑部(おさかべ)

岡山県です。

少し離れますが・・・新京成電鉄に「飯山満 駅」があります。
カナは振りませんから、貴方ご自身で解読なさってください(笑♪)

両親の実家近くにある地名
大分県佐伯市上浦最勝海浦
http://www.mapion.co.jp/zip/44205/8792603-001/
なんと読むと思います?

おおいたけん さいきし かみうら ここまでは普通です。
最勝海と書いて「にいなめ」と読みます。
最勝海浦で「にいなめうら」。

もともと「最勝海藻」と書いて「ほつめ」と読み、
これはワカメのことですが、これが「保都米」となり
なぜか「迩那米」と誤記の末、「にいなめ」となってしまったという経緯が「豊後風土記」に
記されているとのことです。

三ツ境(みつきょう) - 横浜市瀬谷区

俺が地方勤務してた頃の営業エリア内に『特牛』と書いて、『こっとい』という所があったよ。」

枚方 ひらかた

三栗 めぐり

板櫃 いたびつ

放出 はなてん

自分の町のお隣の町ですが

阿久比町に難読というより珍地名ですが「凸清水(でこしみず)」というまあ逆に「凹清水(へこしみず)」という地名があります。

あと親戚が住んでいるまあお隣の市ですが、半田市に「岩滑(やなべ)」があります。

※いずれも愛知県です。

「両月」町

「りょうづき」やのうて、「わち」。


「鎮岩」町

「とこなべ」。


どっちも兵庫県加西市の地名。

 

鉄道とは少し違うような気もするのですが…。

 

「走水」
今の神戸市中央区元町通5・6丁目(駅で言うと神戸高速鉄道西元町駅の付近)に当たる地域のもともとの村名です。今でも元町5丁目に「走水神社」が鎮座しております。


横須賀市大分県にも同様に書いて「はしりみず」という地名がありますが、こちらは「はしりみず」とは読みません。

法花

「のりか」ではなく・・・「ほっけ」です。